TOP > 家庭用脱毛器ランキング

家庭用脱毛器ランキングで人気上位の脱毛器を比較!

家庭用脱毛器の性能がどんどん上がってきて、サロンからの乗り換えを行う人も多くなってきています。家庭用脱毛器がいいのは、自分の都合に合わせていつでも空いた時間にムダ毛処理ができることですよね。

脱毛サロンより安いという意見もよくありますが、これは隅から隅までちゃんと調べないと、意外な落とし穴がある場合もあるので、必ずしもそうだとは言い切れません。

さて、そんな家庭用脱毛器の人気商品を集めて紹介していきます。どの商品にも一長一短があり、購入するにあたっては、自分がどんな機能をより強く求めているかを比較して購入するようにしてください。

ケノンは完成度の高さが人気の脱毛器

ケノン
フラッシュ脱毛器ケノン

家庭用脱毛器の人気ランキング1位は、2012年にケノンが登場して以来ずっとです。しかも従来機種のイーモからずっと人気の脱毛器です。そして2016年、そのケノンが更にパワーアップし、新型ストロングカートリッジが登場しました。

ケノンは、フラッシュ式の脱毛器で、ちゃんと冷やしておけば、ほとんど痛みがなく、カートリッジの寿命も最大200,000発と買い替えが必要ないくらいの容量があるのが魅力です。

お値段が98,000円と、ちょっとお高いのですが、搭載している機能も、家庭用脱毛器の利用者が欲しいと思う機能がほぼ搭載されている感じで、やっぱり家庭用脱毛器ランキング1位は伊達じゃないんです。

しかも、大きな声では言えませんが、値段もキャンペーンを時々していて安く買えることもよくあります。こちらのバナーを見てみてください。

ケノンが1台あれば、顔から足先まで全身の脱毛が可能です。

メーカーとしては、IラインOラインへの使用は推奨していませんが、実際に使っている方も多いようです。

ケノンの何より便利な機能が、スライド照射機能です。

一箇所照射した後に、少しずらすだけで自動で次を照射してくれる機能です。照射面も大きいので、処理が速く進むし、スライド照射で照射ポイントがズレて照射漏れができるようなこともなくムダ毛処理が進むのは安心です。

カートリッジの残量を液晶画面で常に確認できるのは非常に親切です。照射回数は最大20万発あるので、家族と一緒に使うという方も多いようです。しかもカートリッジは別途販売もしています。

そして何より重要な、脱毛できるのか?という点においても、ケノンは、従来機種を、ユーザーの声を参考に改良に改良を重ねてきた脱毛器だけあって非常に完成度は高く、家庭用脱毛器No.1と評されるのも当然と言っていいでしょう。

とにかく完成度が高い家庭用脱毛器です。→ケノンの詳細はこちら

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xは脱毛力が魅力


トリア・パーソナルレーザー脱毛器

家庭用脱毛器ランキング2位は、トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xです。

売れに売れているケノンとよく並び称されるのがトリアです。世界中探しても、家庭用のレーザー脱毛器は、トリアくらいしかありません。というのも、レーザー脱毛器の多くの特許をトリアが持っているからなのです。

トリアは、レーザー脱毛器なので、フラッシュ脱毛器のように、照射の度にピカッと光ったり、毛が焦げるようなニオイはしません。

ただ、フラッシュ式脱毛器と比べると、照射時に痛みが大きいです。出力レベルが5段階に調整可能ですので、調整しながら自分に合ったレベルで照射するようにしましょう。そうは言っても、痛みがあると言うことは、毛根にキチンと当たっている証でもあるのです。脱毛というのは、痛みはつきものだと言うことは忘れないでほしいです。痛くないというのは、脱毛効果も低いということでもあるのです。

レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛に比べて脱毛効果が高いのです。フラッシュ式脱毛をする脱毛サロンの脱毛は永久脱毛ではありませんが、脱毛クリニックでのレーザー脱毛は永久脱毛といわれているのは、レーザー脱毛の脱毛効果の高さがゆえんです。

ですから、もう絶対生えないように脱毛したい!という人は、トリアの方が脱毛の効果が高いでしょう。

ただし、剛毛の人ほど痛みが強いですし、色黒の人は効果が出にくい特徴がありますので、ご注意ください。もちろん、痛みは、脱毛処理を重ねる内に次第に無くなっていきますので、安心してください。

トリアは、ケノンなどと比べると、かなり重めなのですが、それを割り引いても、オススメなポイントがありまして、それは、コードレスで、連射機能がスゴイのです。コードレスであることは、それが如何に便利かは使ってみないと分からないかもしれませんが、結構ポイントです。

それから、連射機能で、テンポ良く次々に脱毛していけます。ケノンの場合は、若干待たされるので、私のようなせっかちな人はトリアの方がいいかもしれませんね。

でもね、照射面積が狭いので、回数は多くなります。これもキチンと理由があるのですが、それでも、照射面積が狭いので、広い範囲の脱毛をするのが大変なことは間違いないところです。

そんなこんなで、ケノンとトリア、どっちがいいかと訊かれると、本気で脱毛するならトリア。お気軽に脱毛したいならケノン。要するに脱毛力で見ればトリア、総合力ならケノンという感じでしょうか。

トリアでダメなら家庭用脱毛器じゃ無理だったということで・・・

私もトリアを入手しましたのでトリアのレビューを紹介していますので参考にしてください。トリアの詳細情報も紹介しています。

トリアを実際にゲットしているように、実は、私が最もおすすめする家庭用脱毛器はトリアなのです。

価格面でも、54,800円とケノンと比較してもかなり安いですし、プレシジョンという小型の機種ですと、36,800円と更に安くなっています。

ケノンなどのフラッシュ脱毛器と異なり、ランニングコストもかからない上に、レーザー脱毛できるという点が魅力的です。脱毛器の実力・価格、いずれからしてもおすすめの脱毛器です。トリアの最大のデメリットは照射面積の小さいことからくる面倒くささですね。これさえなければ完璧です。キャンペーンもやっているようです!

センスエピも新型センスエピGと進化

ケノン、トリアと非常に良い家庭用脱毛器が出ていますが、価格の安さで人気なのがセンスエピGです。

旧製品のセンスエピは、カートリッジの寿命も短く出力にも制限がかかっていたりと、購入してからカートリッジを買い足す必要もあり、使い勝手が悪かったのですが、今回のセンスエピGは、仕様を見る限りかなりケノンに近いイメージです。

しかも値段が19,800円でカートリッジの寿命は50,000発。かなり破格ですね。簡単にケノンとセンスエピGを比較すると、照射面はケノン3.5cm×2cmなのに対してセンスエピGは0.9cm×3cmと小さくなっています。

これは、1台で口の周りの産毛や指の毛も処理できるように小さな照射面にしているのだそうです。照射面だけで考えると、同じワキを処理するにしても、センスエピGの方が照射回数が増えることになります。ということは、回数×痛いわけです。

ですからカートリッジの消耗が激しいのはセンスエピGということになりそうです。カートリッジの寿命も以前は、同じ50,000発だったのですが、ケノンが132,000発と大きく引き離したので、こうなると、面積的に考えると、5倍くらいの差があるので、たくさん照射する人にとっては、センスエピの優位性はあまりなくなりますね。そうはいっても、初期費用が格段に安いので、ちょっと試しに・・・という方にはいいのかもしれません。この価格差は、悩ましいところですね。

センスエピGのハンドピースの重量は220g、ケノンが120gとコンパクトさはケノンが有利です。たかが100gですが、されど100gです。仮に5万発照射するとすると、この重量差は、ボディーブローの如く効いてくるんですよね。軽いに越したことはありません。特にセンスエピの場合、照射面積が狭いので、ケノンより回数を多く照射する必要がありますから、重いのは結構つらいそうです。

センスエピGは新製品になってもなお、本体とハンドピースがコンセントでつながっているという若干の使いにくさを残しています。出力レベルは、ケノンが最高10段階、センスエピGは最高5段階です。センスエピGには肌色センサーがついています。ケノンには一回照射して少しずらすと次を自動で照射するという機能があります。それぞれに一長一短があると思います。連射だけならトリアなんですが・・・(^_^;

同じフラッシュ式脱毛器を検討するなら、これらの特徴を考慮して比較検討してみましょう。

家庭用脱毛器のおすすめ

ということで、売れ筋の家庭用脱毛器を比較しました。色々紹介したのですが、これ1台でお気軽に脱毛したいという方には男女を問わずケノンがいいでしょう。初めて家庭用脱毛器を買うのならケノンが無難な選択でしょう。

しっかり脱毛したい方にはトリアがおすすめです。価格面でもトリアはおすすめです。照射面の小さいので、広い面積を処理するのは大変ですが、なんと言ってもレーザー脱毛が自宅でできるのはトリアだけです。

今のところ、家庭用脱毛器で言えば、この2機種のいずれかを選択するのが、おすすめです。

その他の脱毛器も一長一短、良い点・悪い点がありますので、それらを考えつつお財布と相談してください。

2016/02/19 9:44:42

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。