TOP家庭用脱毛器ランキング > センスエピG

センスエピG

センスエピGは、大人気だったセンスエピが更にバージョンアップした家庭用脱毛器です。顔から指先まで脱毛できて、カートリッジの照射回数も5万発と、これを書いている現在でケノンと同じくらいのカートリッジの寿命です。なのに、お値段が19,800円(税別)という破格の値段です。2014年5月に発売されたばかりということで、これからの売れ行きが気になるところです。

商品説明では、5万発も照射が可能なセンスエピGならカートリッジの交換も不要です とある通り、5万発照射が可能なら一人分の全身脱毛を完了させることも可能です。カートリッジの交換が不要、アフターケアにジェルやクリームも不要ということで、エステに行くより断然お得に脱毛ができます。

そしてセンスエピGは、これ1台で今まで照射しにくかった口の周りの産毛や指なども簡単に脱毛できるように0.9×3cmという小さ目の照射面にするという親切設計です。照射のレベルも5段階に設定が可能で、肌の状態に合わせて自分で調節できるのはいいですね。さらに本体の重さも220gと非常に軽いので、うなじとかムダ毛処理しにくい部分を脱毛をするのも苦じゃなくなります。一回照射してから次の照射までのチャージが速くなったため、スピーディに照射でき、ワキならわずか1分、両脚でも約10分でお手入れが完了します。旧製品のセンスエピが3秒くらいのチャージ時間がかかっていたので、それよりスピーディとなると、ほとんど待ち時間が無くなる感じでしょう。

センスエピGは、美容大国イスラエルで専門チームが開発した自信作です。イスラエルのレーザーや光を中心とする美容機器業界での商品開発に携わってきた専門家チームがセンスエピGの開発をしたとのこと。アンチエイジング化粧品などの研究も進んでいるという美容大国が高度な技術をフルに使って開発したと聞いたら、一度は使ってみたくなりますよね。

現在カートリッジの寿命が5万発というのは、ケノンとセンスエピGだけです。

ケノンは販売から現在まで高評価を得ている家庭用脱毛器ですが、同じ5万発のカートリッジで値段がグッと安いセンスエピGが追い上げることは間違いありません。ちょっと気になるのは、ハンドピースについているコードです。旧製品のセンスエピでも、本体とハンドピースをつなぐコードがわずらわしいという評判がありましたが、この点は改善されていないようで・・・それは使い方次第として、旧製品のセンスエピは照射時にかなり痛いという評価が多かったのですが、今回のセンスエピGは、ほとんど痛みを感じないというレビューが多いようです。

もし、19,800円(税別)で痛みがほとんどなく、5万発照射が可能なら、かなりお買い得ということになります。

センスエピとヤーマン脱毛器との違いは?

ヤーマンの脱毛器といえばノーノーヘアがもっとも有名なものではないでしょうか。ノーノーヘアとの違いといえば、ノーノーヘアはサーミコン方式という方法で脱毛をするのに対して、センスエピではフラッシュ光を使って脱毛をするという点で異なるといえるでしょう。つまり、違いは基本的なところにありますから、言ってみれば全く異なるといえます。逆に共通する部分を探すほうが難しいかも知れません。

ノーノーヘアーが使っているサーミコン方式というのは、熱を使った脱毛方法です。熱を使うことによって毛にダメージを与え、そして、毛根にまでダメージを与えるのです。毛根にまでダメージを与える事が重要だといえるでしょ。毛を抜くというだけではなくて、毛根にまでダメージを与える事によって、毛が生えにくくなってくるのです。これによって徐々毛が薄くなるというのがノーノーヘアーのシステムだと考えられます。しかしながら、基本的な方法は違っていてもセンスエピと共通するのは毛根にダメージを与えるという点でしょう。

毛根にダメージを与えるための方法は、どちらも熱を使っているという事です。センスエピではフラッシュ光を使っていますが、この強い光を使うことによって毛が光エネルギーを吸収し、その光エネルギーが熱エネルギーに変換されて、熱が毛根にダメージを与えるのです。ですから、違いといえば一旦光エネルギーに変換するかどうかという点だといえるのです。

センスエピのブログでの評判は?

センスエピのブログでの評判は非常に良いようです。これはブログを検索してみれば分かる事ではないでしょうか。多くの人がブログに掲載して、その効果の高さを表現していると思います。中には動画を掲載して要る人もいるくらいですから、その評判は非常に高いと言えるのではないでしょうか。

ですから、一度検索をしてもらえば分かると思います。ブログというのは、個人が行っているところと業者が行っているところがありますから、できるだけ個人の行って入るブログを参考にするべきでしょう。個人で運営しているブログの場合には、率直に使った感想が書かれているのです。ですから、良い事ばかりが書かれているわけではありませんから、個人のブログというのは参考になると思います。

例えばセンスエピが壊れてカスタマーサポートを利用したという人もいるようです。そのような人の場合には、電話をしてその次にどのような対応を受けたのかという事が書かれている事があります。

そして、その対応をブログに乗せているという人もいるのです。センスエピに関するブログをすべて読むという事は不可能ですから、すべてを読んだわけではありませんが、カスタマーサポートもかなり親切であったという事が書かれている場合が多いようです。

ですから、ブログを参考にする限りは非常に好評だと言えるでしょう。もしも気になるのであれば、検索してみる事をオススメします。それによって色々な情報が得られるでしょう。

センスエピが肌に与えるダメージは?

センスエピは肌にダメージを与えることがあります。なぜなら、ダメージを与える事によって脱毛をしているからです。そのためにはどうやって脱毛するのかを知っておく必要があるでしょう。

一般的にはレーザーやフラッシュと呼ばれる脱毛器は、光のエネルギーを毛に吸収させます。これによって毛根にまでそのエネルギーが到達して、毛根がダメージを受けるのです。毛根に強力なエネルギーを与えてダメージを受けさせて脱毛していると考えるのが良いと思います。ですから、もともとレーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器は肌にダメージを与えるために作られているのです。

しかしながら、ダメージを与えるとは言っても、どれくらいのダメージを与えるのかが問題になってくると思います。どれくらいのダメージを与えているのかというと、これは照射レベルによって異なります。センスエピでは照射するエネルギーを調節できるのです。最小のレベル1にしておくと、ほとんど誰もが痛みを感じないくらいのエネルギーですから、ダメージも非常に小さいと言えるでしょう。レベルを最大にすると痛みを感じる人もいるそうですから、ダメージも大きいと言えます。

ですから、センスエピによる肌へのダメージは、あると言えばありますしないと言えばないのです。肌へのダメージが心配なのならば、まずは弱いエネルギー設定にして使うのが良いと思います。そして、なれるにしたがって徐々に強くしていくのが良いでしょう。

センスエピとノーノーヘアーとの違いは?

ノーノーヘアはサーミコンというシステムを使った脱毛器です。ですから、フラッシュ光を使う脱毛器であるセンスエピとは根本的に異なるといえるでしょう。サーミコンとは、熱を使った脱毛方法です。熱を使うことによって毛にダメージを与えて、毛根にダメージを与えるという方法です。これによって徐々に毛が生えにくくなってくるそうです。毛根にダメージを与えるという点では、脱毛器のシステムでセンスエピと共通する部分もあります。しかしながら、光エネルギーを用いずに、直接的に熱を用いるという点では大きく異なるのではないでしょうか。

センスエピでは光エネルギーを吸収させる事によって、毛にエネルギーを与えます。そして、そのエネルギーが熱エネルギーに変換される事によって、毛根にダメージが与えられるのです。これに対して、ノーノーヘアーは直接熱エネルギーを与えるという点が大きく異なるといえます。つまり、違いは光を介してエネルギーを与えるかどうかという事だといえるでしょう。効果が現れるまでの時間というのも異なりますし、エネルギーの強さも異なることでしょう。価格も大きく異なります。

使い方については互角であると言えるでしょう。効果としてはセンスエピのほうがやや高いように思います。その代わりに肌へのダメージを考えると、これは微妙なところではないでしょうか。ノーノーヘアーでは直接肌にはダメージを与えませんから、やや優れているといえるでしょう。

センスエピとイーモの違いは?

センスエピとイーモとはメーカーが異なりますし販売店も異なりますから、基本的に異なるものだと言えるでしょう。共通している部分として、どちらもフラッシュタイプの脱毛器であるという事ではないでしょうか。

使い方の違いをいくつか上げてみると、まずコストパフォーマンスについてです。基本的な構造が同じようなものでありますから、効果もそれほど大きく変わらないと言えます。ですから、まず最初に比較するべき事はコストパフォーマンスだと言えるのではないでしょうか。

センスエピはコストパフォーマンスは非常に高いと言えるでしょう。最初に必要となる最低金額は、センスエピが圧倒的に優れていると言えます。

しかしながら、これは使い方にもよるという事を考えておかなければなりません。イーモの場合には、代金が高い代わりに18000ショットも使う事ができますが、センスエピの場合には一つのカートリッジで750ショットということですから、この違いは大きいかも知れません。これがトータルのコストを考えるときには影響してくると考えられます。ですから使い方によって使い分ける必要があると言えるでしょう。

例えば、全身を脱毛するときにはショットの数が多く必要になるでしょう。しかし、ワキやビキニラインだけで良いと思った場合には、それほど多くのショットは必要とならないでしょう。ですから、トータルの費用を考えると、どちらのばあいにどれくらいかかるのかという事は変わってくるとしか言えないのです。

2016/01/31 12:34:38

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。

  • ケノンは家庭用脱毛器の定番
    最も売れたイーモから大きく進化した家庭用脱毛器の定番といえばケノン。どれを買うか迷った時はケノンにしておけばまず大丈夫。
  • 大阪で全身脱毛するならこの脱毛サロン!人気ランキング
    大阪で全身脱毛などの脱毛サロンを探している人におすすめのキャンペーン情報を中心にお得に全身脱毛ができる脱毛サロンを紹介しています。大阪は店舗がたくさんある脱毛サロンも多いので店舗数情報もピックアップ中。
  • トリアは永久脱毛できる唯一の家庭用レーザー脱毛器!
    トリア・パーソナルレーザー脱毛器は、文字通り家庭用レーザー脱毛器です。家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛器が大半の中、トリアは永久脱毛できるレーザー脱毛器ですから脱毛力が他の脱毛器とはひと味違います。本気の脱毛を自宅でしたい人はトリアがおすすめ!
  • 全身脱毛おすすめランキング 人気や料金が安いのは?
    全身脱毛はプロに施術してもらう方法が人気。サロンなら料金も安いし痛みも少なく全身脱毛できます。脱毛クリニックの医療レーザーで全身脱毛なら永久脱毛だってOK。サロン・クリニックの人気ランキングの他、おすすめ安いキャンペーン比較情報も紹介!