家庭用レーザー脱毛器のトリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X

トリア・パーソナルレーザー脱毛器は、家庭用レーザー脱毛器です。以前は、アイ・エピという名前で売られていましたので、もしかするとアイエピなら知ってるという人もいるかもしれませんね。

その最大の特長は、なんと言ってもレーザー脱毛ができるということに尽きます。

痛みが少ないと人気のフラッシュ式の脱毛器が色々と出てきている中で、根強く売れ続けているトリアのレーザー脱毛器は、フラッシュ式と比較すると多少痛いですが、フラッシュ式より確実に脱毛効果を実感できます。

日本で永久脱毛というと、医療レーザーを使った脱毛クリニックにおける脱毛施術を指しますが、その医療レーザー脱毛のレーザー脱毛器と同じ仕組みのレーザー脱毛器がトリアなのです。

ですから、脱毛サロンで脱毛の効果を感じなかったような人でも、トリアなら、効果を実感できる可能性が高いのです。

詳細は、後述しますが、そのくらいの脱毛力を持っている家庭用脱毛器がトリア・パーソナルレーザー脱毛器 4Xなのです。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X公式サイトはコチラ

家庭用レーザー脱毛器はトリアだけ!

トリアの説明の前に、レーザー脱毛器について、少し説明をしましょう。

レーザー脱毛とは、日本では、医療機関でのみ使用することができる、レーザーを使った脱毛器を使った脱毛のことを指します。そして、永久脱毛というと、このレーザー脱毛器を使った脱毛だけが永久脱毛ということができるのです。

ですから、日本で永久脱毛をしようとすると、医療レーザー脱毛をしているクリニックだけなのです。

家庭用のレーザー脱毛器はトリア以外には聞いたことがないのではないでしょうか?

実は、トリアは、医療レーザー脱毛器を開発した開発者達が集まって作った会社であり、レーザー脱毛に関する多くの特許を持っているのです。

そのため、他社はレーザー脱毛器を作りたくても作れないというのが、現実なのです。

ところで、レーザー脱毛って痛いというイメージの人は多くないでしょうか?

実際、レーザー脱毛は痛いという人は多いので、痛くないフラッシュ脱毛器が人気なのですが、本当にそれは正しい選択なのでしょうか?

脱毛で痛いというのは、だいたいは毛根に熱が伝わることで感じるようです。

皮膚から出ている部分を、シェーバーなどで切り落としてしまうのは除毛です。ノーノーヘアや脱毛クリームなどはこの除毛をしてくれますが、この場合、毛根には一切アプローチしませんから、皮膚の痛みなどがあったとしても脱毛特有の痛みは感じません。

では、脱毛器は何をするかというと、毛根を熱するのです。そして、その方法に、レーザー方式と、フラッシュ方式があるわけです。

フラッシュ脱毛器もレーザー脱毛器も光を発することで毛根にアプローチするのですが、フラッシュ脱毛器が発する光は、様々な波長の光を発し、肌を通じて毛根に熱を伝えます。そのため、非効率です。

一方レーザー脱毛器の場合は、脱毛に最も効果的と言われている波長の光だけを、毛に含まれているメラニン色素をを通じて毛根に伝える仕組みになっています。肌を通じてアプローチする方法違い、ダイレクトに毛根に熱を伝えるため効率がとても良く、その為、どうしても痛いと思ってしまうわけです。

逆に言うと、フラッシュ脱毛器の場合は、非効率で、不要な部分に刺激を与えているため、痛みを感じにくいわけです。

ですから、本来、痛くない脱毛というのはあり得ないことで、痛みは、脱毛効果が高い証でもあるのです。

ですから、レーザー脱毛器のトリアで脱毛をすると、痛いのですが、それは、最初の段階だけで、何度か繰り返しているうちに痛みはなくなっていきます。それが脱毛できた!ということなのです。

家庭用レーザー脱毛器って所詮家庭用でしょ?


トリア・パーソナルレーザー脱毛器

「レーザー脱毛が永久脱毛できるのは分かったけど、でも、トリアって所詮家庭用レーザー脱毛器だから、医療レーザー脱毛みたいな効果はないんじゃないの?」と思いませんか?

実際、トリアは、医療レーザー脱毛器からすると、出力を抑えています。医療レーザー脱毛器のMAX出力のおよそ1/4~1/5に程度のレベルになっているそうです。

では、効果がないのか?というとそうでもなくて、脱毛クリニックでも、実際にMAXの出力で使うことはほとんど無くて、出力をさげた状態で使うことが大半なのだそうです。これは、出力を上げればそれだけ効果的ですが、その分、痛いですし、肌へもダメージをどうしても与えることになってしまうのです。そのため、出力はできるだ抑えるようです。

一方、家庭用脱毛器の場合は、自分で我慢できるレベルの痛みかどうかを感じながら出力を上げていくことができますから、我慢できる箇所であれば、MAXの出力を使うことができます。

家庭用レーザー脱毛器はトリアを使う時の注意点

トリアを使う上での注意点です。

レーザー脱毛の特長でもあるのですが、レーザーの光は、毛のメラニン色素を通じて、毛根にアプローチしますから、メラニン色素がなかったり薄いと、使えないのです。

そのため、金髪や白髪のようにメラニン色素がない状態だと、ほとんど効果が期待できません。

また、肌の色も、極端な話でいえば、黒人の方は、肌にメラニン色素が多すぎて、毛ではなくて肌に伝わってしまうため、レーザー脱毛器では難しいようです。同様の理由で、肌の色が小麦色に焼けているような人は、やはり効果が得られにくいと考えておいた方が良いでしょう。

説明書や外箱には、使用できる肌の色の例が掲載されています。これを見る限り、多くの日本人は大丈夫そうですが、夏に日焼けをする人は避けた方がいいのかもしれませんね。

逆にいうと、肌の色が白くて、毛の色が濃い人は、レーザー脱毛の効果が得られやすいのです。こういう意味では日本人女性は、肌が比較的白く、毛も黒い人が多いので、レーザー脱毛の効果を得られやすいわけです。。

また、レーザーを当てるのは怖い!という人もいるでしょうが、そのあたりトリアは良くも悪くも家庭用レーザー脱毛器です。トリアが発するレーザーの出力は、ヤケドするほどのレベルではありません。

また、レーザーは直接目で見ると失明などの危険があるので、サングラスをかけたりして施術している写真などを見たことがある人もいるかもしれませんが、その点もトリアでは考えられていて、目で直接見ても問題ないレーザーになっているそうです。ですから、レーザー脱毛器だからといってサングラスをして脱毛処理する必要はありません。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xとプレシジョン

トリアには、トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xと、トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョンという2種類があります。

価格はプレシジョンの方が、2万円近く安くはなっていますが、レーザー脱毛としての機能面では全く変わりはありません。

プレシジョンは、4Xをもっと安い価格で提供するために、照射スピードが遅かったり、出力レベルも3段階になっています。脇、口周り、指先といった細かな部位の脱毛用に開発されており、そのため小回りのきく小さいサイズとなっています。

全身脱毛や広い範囲をこのプレシジョンでするとなると難しいかもしれませんが、ちょっとした部位の脱毛なら十分なのです。

家庭用レーザー脱毛器トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xを実際に使ってみました

ついに、家庭用レーザー脱毛器トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xをゲットしましたので、実際に使ってみました。

レーザー脱毛器を使うのは初めてなので、ワクワクドキドキ、結構、失敗してしまいましたが・・・そんなトリア体験記はコチラです。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン公式サイトはコチラ

2016/02/01 13:51:58

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。

  • トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xを実際に使ってみました
    脱毛はやっぱりレーザーでしょ!ということでトリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xを実際に使ってみました!説明書もろくに読まずにまず照射!ブ~ンって音が鳴りますが・・・ん???頭の中を疑問符が飛び交うも、一切気にせずひたすら脱毛してみました。
  • 永久脱毛で人気のクリニック比較おすすめランキング!
    永久脱毛は医療クリニックの医療レーザーでの処置を指すのが一般的。医療レーザーなら短期間で全身脱毛できます。最近のクリニックはキャンペーンも盛んに実施しており料金は安くなってきています。永久脱毛ですからサロンで処理を繰り返すよりは安上がり!
  • 医療レーザー脱毛は毛が黒く色白の日本人にはピッタリ
    医療レーザー脱毛はサロンでの脱毛と異なり永久脱毛と呼ばれています。でも医療レーザー脱毛は痛いという噂があって躊躇しているあなた!大丈夫。今の医療レーザー脱毛は痛くないように処置してくれます!
  • 美顔器マニアがあれこれ選ぶレーザー美顔器人気ランキング美顔器マニアがあれこれ選ぶレーザー美顔器人気ランキング
    レーザー美顔器は、黒くなってしまった細胞にのみ反応するレーザーを肌に照射して使用し黒ずみやシミなど、肌トラブルの原因にピンポイントでレーザーが照射され、ケアしていきます。正常な細胞には作用しないようになっているので安心!